露木 貴浩(旧ハンドル・ネーム: テキサス野鳥好き)

  職業: 野鳥ガイド(コスタリカ政府より労働許可を得ています)

  

 

  滋賀県に生まれる(東京育ち)。学生時代に渡米し、ロサンゼルス在住時にたまたま読んだピーターソンフィールドガイド(北米の野鳥図鑑)がきっかけで、バードウォッチングを始める。毎日のようにバードウオッチングに没頭し、仕事中も野鳥の事ばかり考えるようになる(笑)。

 

  バードウォッチングへの情熱は日増しに加速し、メキシコ、中南米へもフィールドを広げる。この時、熱帯雨林、熱帯雲霧林の美しさに感動、同時に伐採状況にひどく落胆する。ボランティアでガイドをしながら、中南米の森林保護に少しでも貢献できないかと考え始める。

 

  その後、少しでも中南米の近くに住みたいと思い、サラリーマンを辞め、中南米の玄関口であるヒューストンへ引っ越す。北米バーダー憧れの地テキサスで野鳥三昧の生活を続けながら、野鳥ガイドになる決意を固め、その準備期間に入る。

 

  アメリカ在住15年を経て、2003年に欧米バーダーの間で人気ナンバーワンの探鳥地コスタリカへ移住する。世界中のバーダーに新大陸の野鳥を紹介すると同時に、消えゆく熱帯雨林、熱帯雲霧林、密猟問題の現状を伝えるのが目標。現在、ランチョ・ナチュラリスタ、ターコル・ロッジ(共に欧米バードウォッチャー御用達のロッジ)にてガイド、ワイバード社JTB社ロイヤルロード銀座の現地ガイドも兼任中。

 

連絡先: resplendentquetzal@hotmail.com

 

 

 

Montezuma Oropendola

(オオツリスドリ)

の古巣を持った私

 

日本野鳥の会、会報誌「野鳥」にて「私のおすすめ探鳥地」を執筆。掲載記事へ

 

月間誌「バーダー」にてコスタリカの野鳥事情を執筆。掲載記事へ

 

USフロントライン誌にて

紹介されました。紹介記事へ 

 

ペンタックス社のホームページにてコラムを執筆。