コスタリカでの蝶の観察ツアーについて

 

    

 

バードウォッチングの聖地として、世界的に有名なコスタリカですが、その魅力は野鳥だけにとどまりません。蝶の楽園でもあるのです。日本の約七分の一の国土に、少なくとも1,250種が生息していると言われています(日本は270種ほど)。人気のモルフォチョウ、フクロウチョウ、ドクチョウは、新熱帯区のみでしか見られない亜科の蝶たちです。また、日本では馴染みのないシジミタテハの仲間は、約250種が記録されています。中米ならではの鮮やかな種が多く、皆様を魅了すること間違いなしです。

 

   

 

コスタリカ国内には多数のバタフライガーデンが存在しますが、観察できる種には限りがあります(わずか1020種ほど)。魅力的な種の多くは、やはり自然の中で探す必要があります。また、自然の中で見つけた時の感動は、蝶園などの人口施設で見た時の比ではありません。しかし、短期間の訪問で「夢の出逢い」を実現するには、現地事情の収集や専門的な知識が必要になります。種ごとに習性や好む環境が異なるなどで、観察が難しい時期もあります。無計画で漠然と探し回るのは、効率が良いとは言えません。

 

    

 

 コスタリカでのバタフライウォッチング・ツアーは初心者の方をはじめ、小さなお子様連れの方でもお気軽にご参加いただけます。また、蝶観察がメインではありますが、ツアー中には蝶だけでなく他の昆虫(ハムシ、ツノゼミ、ヨコバイ、バッタ、カメムシなど)、鳥類、哺乳類、爬虫類、両生類など、多くの生き物との出逢いが期待できます。

 

   

 

「中米の楽園」と呼ばれているコスタリカでのバタフライウォッチングに興味のある方は、画面左にあるツアー情報をクリックして下さい。ご夫婦などの小人数であっても、オーダー・メイドの探蝶旅行をご相談に応じて作成致します。また、野鳥と蝶の観察をバランスよく組み合わせたツアー設定も可能です。蝶好きの皆様のご参加をお待ちしております。

 

私が専属ガイドをしている現地パラダイス・ワールド・ツアーズの直リンクはこちらから

 

注:採集目的でのツアー参加はできません。訪問先での採集や国外への持ち出しは、法律により禁じられています。

 

トップへ戻る